金融機関の取り立ての実態。お金を借りて延滞したらどうなる?

【まずは催促から】

カードローンなどでお金を借りたら、期日までに決められた金額を返さないといけません。もし期日までに返済が確認できなかった場合、その翌日には電話がかかってきます。この時怒られるのではないかと心配する人もいるでしょうが、そのようなことは闇金でもない限り考えられません。「期日までに入金が確認されませんでしたが、いかがされました?」のような事務的な対応が一般的です。この時いつまでに入金できるか具体的な日にちを言えば、その時まで電話連絡はありません。もし携帯電話を申し込み時に申請しておけば携帯電話に、携帯電話にかけてもつながらない場合には自宅の固定電話にかかってきます。

 

[電話連絡できない・返済が確認できなければ郵便物にて]

電話に催促暖簾宅をしても返済が一向になされない、そもそも電話に出てくれない場合にははがきなどで催促が行われます。「督促状」などの名目で自宅に郵送されます。この時、家族でない車で借金しているケースもあるため、親展など他人に見られないような形で郵送されます。

しかしそれでも放置もしくは無視していると、勤務先に連絡のかかってくる恐れがあります。この辺りまでくると、新規借り入れができなくなる恐れがあります。勤務先に連絡しても拉致のあかないような場合には、一部貸金業者で自宅に担当者が訪問してくる可能性もあります。

 

【最悪裁判沙汰になる可能性も】

このようにいろいろな方法で借金の返済をするように貸金業者は催促してきます。しかしそれでも逃げ回っていると、最終手段として返還請求のための裁判を起こされる可能性があります。裁判になれば、期日までに返済をしていない債務者側に非があるのは明白です。よって債務者側からすると、敗訴の可能性が極めて高いです。そうなると差し押さえの命令の出る可能性が出てきます。皆さんがお手持ちの財産が差し押さえられるでしょうし、もし財産がない場合には、給料などの差し押さえも考えられます。給料の差し押さえまで行くと、会社に借金トラブルのあるところが知られるでしょう。

 

【すぐにカードローン会社に連絡すること】

もし借金返済できそうになければ、速やかにローン会社に連絡して相談することです。昔のサラ金のように厳しい取り立てをしてくることはないです。ローン会社に連絡すると、元本の一部だけでも返済するように、それも無理なようであれば利息の支払いだけするなどの提案がなされます。逃げ回ると、結局自分の首を絞める形になりかねません。