お金を借りて延滞したらどうすればいい?

【カードローン会社に相談すること】

カードローンなどでお金を借りたら、決められた期日までに返済するのは当然のルールです。しかし中にはその期日までに返済に必要な金額を用意できないというケースもあるでしょう。思ったほどの収入がなかった、想定外の出費が発生してしまったなどいろいろです。もし返済できないようであれば、速やかにカードローン会社に連絡することです。ほとんどのカードローン会社でサポートデスクのようなお客様専用のダイヤルを用意しているはずです。

お金を返せないというと怒られるのではないかと思っている人もいるでしょうが、それはドラマや映画の見過ぎです。チンピラまがいの人が出てきて「借りたモン返さんかい!!」のようなことはまずありません。闇金でもない限り、事務的な対応をしてきます。

 

[いろいろな提案をしてくれる]

もし返済できない、延滞思想といったときにカードローン会社に相談するといろいろと妥協案を提案してくれます。例えば全額ではなくても一部返済できる金額を返済するなどです。しかし中には一部でも返済できるだけの資金がないというケースもあるでしょう。その場合には元本そのままで、利息だけ支払うといったことも提案してくれるはずです。

 

【早めに連絡を取ること】

返済できない場合には、期日までにお金を準備できないと分かった時点で早めに相談するのがおすすめです。もし延滞してしまったのであれば、返済期日の翌日にはローン会社から連絡が来るはずです。この電話には必ず出ることです。このような電話でも怒鳴られるようなことはもちろんないです。この時「なぜ延滞したのか?」「いつまでなら返済できるのか?」といったことを明確に伝えましょう。特に後者の返済のめどの立つ期日を伝えると、その時までローン会社から催促の電話はかかってこないはずです。

 

【絶対に逃げないこと】

借金して延滞してしまった…この時に後ろめたさを感じる人も多いようです。しかし後ろめたいからといって、逃げないことが大事です。もし返済の催促を無視すると、相手もどんどん強硬な措置をとってきます。督促状が自宅に届く、最終的には皆さんの財産を差し押さえるなどの強制執行に訴えることもあります。また長期の延滞になると信用情報に事故情報、いわゆるブラックリストに載った状態になり、しばらくローンもクレジットカードも利用できなくなります。このような事態にならないためにもローン会社に自ら連絡を取って、誠意を見せることです。