誰でも借りれる金融機関は存在するのか?

【誰でも借り入れできる金融機関はあり得ない】

結論から言ってしまうと、だれでも借り入れのできる金融機関は考えられません。お金を貸す側からしてみると、債権回収がきちんと行えるかどうかが重要な問題です。もし借金返済が滞り、不良債権化してしまうとそれは貸した側の損失になってしまうからです。確実に債権回収の予測のできない人には融資を行いません。

 

[お金を貸してくれない人はどんなタイプ?]

借入の申し込みがあった場合、金融機関では融資の可否を判断するための審査を実施します。この審査に引っかかって、融資を断られる場合もあります。まずは収入のない人はまずNGでしょう。収入がない、返すためのお金が入ってこないので普通に考えて返済の見込みが立たないでしょう。そのような危険性の高い人に貸し出しはまず行いません。また収入の安定しない人も融資の対象外です。個人事業主や自営業者のような給料制ではない人は審査が厳しくなります。また水商売の方は結構お店をすぐにやめてしまう傾向があるので、マイナスの評価になりがちです。

皆さんのこれまでのローン・クレジットカードの利用状況は、信用情報で記録されています。もし過去に返済でトラブルを起こした場合には、審査落ちの可能性が高まります。特に長期延滞や債務整理を行った場合、ブラックリストに載るといいますが事故情報が信用情報に登録されます。このような人は、まずまともな貸金業者であれば融資はしないでしょう。このように信用力の乏しい人はお金を貸してもらえないと思った方がいいです。

 

【誰でもお金を貸しますという業者には注意】

しかしパンフレットやチラシを見てみると、「誰でもお金を貸します」とうたっているようなところもあります。審査に落ち続けるとお金を貸してもらえるなら…ということで、このようなところに手を出してしまうかもしれません。しかしこのような誰でもOKとしている貸金業者は、闇金の可能性が高いので絶対に借り入れ申し込みすべきではありません。

「ブラックでもOK」「無職でも融資」「審査なし、だれでも貸します」のようなコピーの書かれているところは闇金の可能性大です。闇金は違法な利息を取り立てていて、利息制限法で定められている上限金利の何十倍以上の暴利に設定しているところも結構あります。「少額ですぐに返せば大丈夫かも」と思っている人もいるでしょうが、骨の髄までしゃぶられる公算が高く、手を出すべきではないです。