お金を借りて返せない場合。返済不能な時の対応

【返済日は過ぎてもお金のめどの立っている場合】

カードローンなどでお金を借りたら、期日までに返済しなければなりません。ところがこの期日までにお金を準備できない、返済不能に陥ることも十分考えられます。もし約定日までにお金は準備できない、でも数日後なら用意できるようであれば、カードローン会社のコールセンターに連絡することです。できれば期日が来る前の段階、お金の準備が不可能であることが確定した時点で早めに連絡を取った方がいいでしょう。

この時「いついつまでならお金を返せる」ということを伝えておきましょう。そうすれば、闇金業者以外のまともな貸金業者であれば、期日の猶予をしてくれるはずです。

もし返済日を過ぎてしまって連絡をしていない場合、期日の翌日にはローン会社から連絡が入るはずです。この電話には必ず出ましょう。そして同じようにいつまでなら入金できるかをきちんと伝えることです。もし電話がかかってきて無視し続けた場合、内容証明郵便や裁判、強制執行とどんどん相手も強硬な手段に訴えてきます。

 

【お金の準備のめどが立たない場合】

思わぬ出費で一時的に期日までにお金を準備できない場合には、上で紹介したような支払い猶予を求める方法で急場しのぎをしてもいいかもしれません。しかし中には収入が途絶えたなどで、待ってもらっても返済資金を準備できそうにない、めどが立たないといった事態もあり得ます。その場合には、債務整理も検討しなければならないでしょう。

 

[債務整理とはどのようなもの?]

債務整理とは、借金の圧縮などで今後の返済計画の立て直しをすることです。無理のない返済計画で、できるだけお金を返していく方式です。場合によっては返済計画の見直しの過程の中で、違法金利で利息を支払っていることに気が付くこともあり得ます。違法部分は利息として無効のため、元本の返済に充当されます。その結果、借金を圧縮できる可能性があります。また債務整理の中には、住宅ローンを切り離して整理する方法もあります。この場合、今後住宅ローンを滞りなく返済できれば、マイホームを手放すこともないでしょう。

どの方法でも返済できないようであれば、自己破産という方法もあります。自分の資産を身の回りのもの以外、すべて債権者に渡してそれでも残った債務についてはチャラにできる方法です。どの方法が自分にとってベストか、これはケースバイケースです。借金問題の専門家の弁護士や司法書士に相談して、今後の対策を進めましょう。

ソフト闇金は安全なのか?闇金との違いについて

【ソフト闇金と闇金の違い】

近年ソフト闇金と呼ばれる新しい貸金形態が登場しています。従来の闇金とは異なるところがいくつかあります。簡単に言うと「優しい闇金業者」と思ってもらえればわかりやすいでしょう。

 

[取り立ての方法]

闇金と聞くと、取り立ての方法が強烈というイメージを持つ人も多いでしょう。電話や自宅訪問で聞くに堪えない罵詈雑言を浴びせる、玄関などに「人でなし」「金返せ!」のような張り紙をたくさんやられるといったことはドラマや映画などで目にしたことのある人も多いでしょう。確かにこのような方法で執拗に取り立てする方式は闇金で実際に行っています。

しかしソフト闇金の場合、このような無茶な取り立てを行うことは少ないです。例えば期日までに返済できない場合、電話はかかってきます。しかし怒鳴られることはなく「入金が確認されませんが、以下がなされましたか?」のようなソフトな口調で連絡が来ます。

 

[返済期間について]

トイチという言葉を聞いたことはありませんか?闇金の金利の代表的な言葉で、「10日で1割」という意味です。実際トイチは闇金の中ではまだ良心的(?)で、トサンやトゴといった業者もあるほどです。この言葉からもわかるように、闇金業者では返済期間として10日を一つのめどにしています。しかしソフト闇金業者の場合、返済期間を少し長めに設定しています。業者によって異なりますが、だいたい2週間程度を返済期間としているところが多いです。またもしその時までにお金を準備できなければ、期日の猶予に対応してもらえる場合もあります。中には1か月後くらいまで待ってくれるようなケースもみられるほどです。

 

【決して安全な貸金業者ではない】

以上のように従来の闇金業者とは異なるポイントがいくつかあります。そして違いを見ると、だいぶ返済が楽なようなイメージを抱くかもしれません。しかしあくまでも「マイルドな闇金業者」であって、違法業者であることに違いはありません。実際金利などを見ると、「10日で2割」「2週間で3割」といったところが大半です。10日で2割ですが、年利換算すると実に730%に達します。金利に関する法律として利息制限法があります。この利息制限法では、上限金利を年利20%としています。それと比較すると36倍を超えた高利なわけです。結局返済期間が送れるとどんどん借金が雪だるま式で膨らむ結果になってしまいます。ソフト闇金であっても、うかつに借り入れしないことが後々のためです。

金融機関の取り立ての実態。お金を借りて延滞したらどうなる?

【まずは催促から】

カードローンなどでお金を借りたら、期日までに決められた金額を返さないといけません。もし期日までに返済が確認できなかった場合、その翌日には電話がかかってきます。この時怒られるのではないかと心配する人もいるでしょうが、そのようなことは闇金でもない限り考えられません。「期日までに入金が確認されませんでしたが、いかがされました?」のような事務的な対応が一般的です。この時いつまでに入金できるか具体的な日にちを言えば、その時まで電話連絡はありません。もし携帯電話を申し込み時に申請しておけば携帯電話に、携帯電話にかけてもつながらない場合には自宅の固定電話にかかってきます。

 

[電話連絡できない・返済が確認できなければ郵便物にて]

電話に催促暖簾宅をしても返済が一向になされない、そもそも電話に出てくれない場合にははがきなどで催促が行われます。「督促状」などの名目で自宅に郵送されます。この時、家族でない車で借金しているケースもあるため、親展など他人に見られないような形で郵送されます。

しかしそれでも放置もしくは無視していると、勤務先に連絡のかかってくる恐れがあります。この辺りまでくると、新規借り入れができなくなる恐れがあります。勤務先に連絡しても拉致のあかないような場合には、一部貸金業者で自宅に担当者が訪問してくる可能性もあります。

 

【最悪裁判沙汰になる可能性も】

このようにいろいろな方法で借金の返済をするように貸金業者は催促してきます。しかしそれでも逃げ回っていると、最終手段として返還請求のための裁判を起こされる可能性があります。裁判になれば、期日までに返済をしていない債務者側に非があるのは明白です。よって債務者側からすると、敗訴の可能性が極めて高いです。そうなると差し押さえの命令の出る可能性が出てきます。皆さんがお手持ちの財産が差し押さえられるでしょうし、もし財産がない場合には、給料などの差し押さえも考えられます。給料の差し押さえまで行くと、会社に借金トラブルのあるところが知られるでしょう。

 

【すぐにカードローン会社に連絡すること】

もし借金返済できそうになければ、速やかにローン会社に連絡して相談することです。昔のサラ金のように厳しい取り立てをしてくることはないです。ローン会社に連絡すると、元本の一部だけでも返済するように、それも無理なようであれば利息の支払いだけするなどの提案がなされます。逃げ回ると、結局自分の首を絞める形になりかねません。

お金を借りて延滞したらどうすればいい?

【カードローン会社に相談すること】

カードローンなどでお金を借りたら、決められた期日までに返済するのは当然のルールです。しかし中にはその期日までに返済に必要な金額を用意できないというケースもあるでしょう。思ったほどの収入がなかった、想定外の出費が発生してしまったなどいろいろです。もし返済できないようであれば、速やかにカードローン会社に連絡することです。ほとんどのカードローン会社でサポートデスクのようなお客様専用のダイヤルを用意しているはずです。

お金を返せないというと怒られるのではないかと思っている人もいるでしょうが、それはドラマや映画の見過ぎです。チンピラまがいの人が出てきて「借りたモン返さんかい!!」のようなことはまずありません。闇金でもない限り、事務的な対応をしてきます。

 

[いろいろな提案をしてくれる]

もし返済できない、延滞思想といったときにカードローン会社に相談するといろいろと妥協案を提案してくれます。例えば全額ではなくても一部返済できる金額を返済するなどです。しかし中には一部でも返済できるだけの資金がないというケースもあるでしょう。その場合には元本そのままで、利息だけ支払うといったことも提案してくれるはずです。

 

【早めに連絡を取ること】

返済できない場合には、期日までにお金を準備できないと分かった時点で早めに相談するのがおすすめです。もし延滞してしまったのであれば、返済期日の翌日にはローン会社から連絡が来るはずです。この電話には必ず出ることです。このような電話でも怒鳴られるようなことはもちろんないです。この時「なぜ延滞したのか?」「いつまでなら返済できるのか?」といったことを明確に伝えましょう。特に後者の返済のめどの立つ期日を伝えると、その時までローン会社から催促の電話はかかってこないはずです。

 

【絶対に逃げないこと】

借金して延滞してしまった…この時に後ろめたさを感じる人も多いようです。しかし後ろめたいからといって、逃げないことが大事です。もし返済の催促を無視すると、相手もどんどん強硬な措置をとってきます。督促状が自宅に届く、最終的には皆さんの財産を差し押さえるなどの強制執行に訴えることもあります。また長期の延滞になると信用情報に事故情報、いわゆるブラックリストに載った状態になり、しばらくローンもクレジットカードも利用できなくなります。このような事態にならないためにもローン会社に自ら連絡を取って、誠意を見せることです。

未成年がお金を借りるにはどうすればよいか?

【通常のカードローンでお金を借りるのはまず不可能】

お金を借りるにあたって、ぱっと思い浮かぶのは銀行や消費者金融が提供しているカードローンでしょう。しかしこのカードローンを使ってお金を借りるのは、まず不可能と思った方がいいです。消費者金融では学生でも融資を行っているところもたくさんあります。しかしそれでも年齢条件を見ると、「満20歳以上の学生」と規定されていることがほとんどです。未成年者はバイトをしていようといまいとお金は借りられないと思った方がいいです。

 

[お金を借りられないのは民法による]

なぜ未成年者が借り入れできないか、それは民法によるところが大きいです。満20歳未満の未成年者の契約行為を認めていません。携帯電話の契約を交わす時を思い出してみてください。未成年者の場合、保護者の同意がないと契約できません。このように法定代理人がいないと契約が後々成立しません。もしローン会社が貸借契約を未成年者とかわしたら、法的に認められません。そうなると債権回収ができなくなって、ローン会社が損をする形になってしまいます。そんなリスクの高いことはできない、ということで20歳以上でないと申し込みできない規定としているわけです。

ただし今後満18歳以上を成人とみなす法律が2022年4月に施行されます。そうなってくると、今後は20歳未満の方でもお金を借りられるようになるかもしれません。しかしあくまでも自己責任ですから、テレビコマーシャルではないですが、「返済は計画的に」は肝に銘じておきましょう。

 

【未成年者が借金する方法はないの?】

では未成年者がお金に困った場合、借入する方法はないのかというとあります。その方法は以下で紹介する2つの方法が考えられます。

 

[学生専用ローンからの借入]

学生専用ローンを提供している貸金業者がいくつかあります。大手ではなく中小の金融業者が中心です。学生専用ローンの場合、未成年者でもお金を借りられます。ただし保護者の同意書が申込時ないといけません。親に内緒の借り入れは不可能です。

 

[学生クレジットカードを作る]

カード会社の中には、将来の顧客の囲い込みという意味で学生向けのクレジットカードを発行しているところもあります。こちらに学生の段階で申し込みましょう。クレジットカードの中には、ショッピング枠のほかにキャッシング枠があります。キャッシングはATMを使って借り入れできる機能です。こちらでお金を借りる方法もありますが、消費者金融のカードローンと比較すると金利は高めです。早めに返済したほうがいいでしょう。

掲示板でお金を借りるのは安全か?

【掲示板でお金を借りる方法の個人間融資】

お金を借りるというと、銀行や消費者金融の利用をイメージする人が多いかもしれません。しかし現在では、ほかにもいろいろな方法が登場しています。その中でもインターネット上でちょっとした話題になっているお金の調達手段として、個人間融資があります。個人間融資とは掲示板などでお金を貸したい人と借りたい人を集めます。そしてお互い条件が合致したら、個人間でお金の貸し借りをする方法です。

お金を貸す側としてみれば、利息をとれるのでそれなりに高い利率で貸し出せれば、大きな利益を獲得できるチャンスがあります。借り入れる側としてみれば、審査なしで借りられるのが魅力です。過去にローン返済でトラブルになったなどでブラックリストに載っている人でも、借りられる可能性があります。今では掲示板のほかにも、SNSを使って個人間融資をしているケースもみられます。SNSであれば、スマホなどでより簡単に情報発信できます。

 

【個人間融資はリスクが高い】

掲示板を介した個人間融資の場合、手軽に貸し借りができる半面、リスクもいろいろとあります。その中には、犯罪に巻き込まれる危険性もあるのであまり利用はおすすめできません。考えられる犯罪を見ると、ざっと以下のようなリスクが考えられます。

 

[闇金業者に引っかかる可能性]

個人間融資の掲示板で「お金を貸します」といっている人の中には、闇金業者であるケースも少なからずみられます。闇金業者の場合、利息制限法で保障されている上限金利をはるか超える条件で融資をしている場合が多いです。年利何百・何千パーセントという違法な金利で利息の支払いを課している場合もあります。

 

[個人情報流出の恐れ]

個人間融資の場合、「振込先がわからない」「いざという時の連絡先が知りたい」という理由で、銀行口座や携帯電話の番号を提出するように求められる場合もあります。また「身分証明書を出してほしい」と言ってくるケースもあります。実はこのような個人情報を別の業者に売るために、掲示板に出没している輩もいますから注意しなければなりません。

 

[女性の場合性被害に遭う可能性も]

借り手が女性の場合、性被害に遭う危険性もありますから個人間融資は利用すべきではないです。「直接会ってお金を貸したい」ともっともな理由をつけて、実際にあってお金を貸すもしくは返済を先延ばしにする代わりに、性的関係を強要するという話も聞かれます。

国から低金利でお金を借りる方法について

【日本政策金融公庫からお金を借りよう】

国など公共機関からお金を借りる場合にポピュラーといわれているのが、日本政策金融公庫からの借り入れです。日本政策金融公庫は金融機関の一種ですが、国が出資しています。このため、いわゆる民間の銀行と比較すると融資基準も異なります。より具体的には資産基準を緩くしているので、銀行でローンの組めなかった人でも借り入れのチャンスがあります。

従来の銀行や消費者金融のカードローンと比較すると、金利も低めに設定されています。利息の支払い金額も安く済みますので、返済の負担を少しでも軽減したい人にはお勧めです。

 

[国の教育ローン]

日本政策金融公庫で融資しているのは、教育ローンです。受験・入学費用などの貸し付けを実施しています。民間の金融機関でも同じ商品をラインナップしています。しかし国の教育ローンの場合、最長15年・金利も2.35%と圧倒的に条件はいいです。

 

[事業者向けローン]

日本政策金融公庫は、中小企業経営者への融資にも力を入れています。特に事業を立ち上げて間もない人への融資には積極的です。金融機関では実績重視の傾向があるので、起業して間もない事業者にはあまり貸し出さない傾向がみられます。この事業者ローンを利用すれば、必要な資金を調達できるかもしれません。金利も銀行と比較すると定理ですから、活用してみるといいでしょう。

 

【生活福祉資金貸付制度の活用も】

たいていは先ほどの日本政策金融公庫を利用すればいいのですが、こちらの制度はより低所得者のための貸付制度になります。失業中や病気療養中で所得のない人には消費者金融は通常融資しません。生活福祉資金貸付制度は、このような方への貸し付けを行うための制度です。市区町村で社会福祉協議会という組織を運営しています。こちらの窓口で申し込むと、借り入れが可能です。

 

[総合支援資金を利用する]

生活福祉資金貸付制度の中でも用途によって、いくつかの種類があります。総合支援資金は失業などで一時的に収入がなくなった、急に引っ越すことになって初期費用が準備できないときなどに融資を受けられます。またすでに消費者金融から借入していて、返済できない場合、債務整理なども検討しなければならないでしょう。この時の弁護士費用などを賄うためにこちらの資金制度を利用するケースも考えられます。

 

[福祉資金の利用]

福祉資金とはケガや病気により生活費捻出できなくなった人に貸付を行う制度です。そのほかにも介護や福祉用品を購入するためや災害に遭った際に生活再建のための資金を融通してくれる場合もあります。このような公的制度も活用してみるといいでしょう。

誰でも借りれる金融機関は存在するのか?

【誰でも借り入れできる金融機関はあり得ない】

結論から言ってしまうと、だれでも借り入れのできる金融機関は考えられません。お金を貸す側からしてみると、債権回収がきちんと行えるかどうかが重要な問題です。もし借金返済が滞り、不良債権化してしまうとそれは貸した側の損失になってしまうからです。確実に債権回収の予測のできない人には融資を行いません。

 

[お金を貸してくれない人はどんなタイプ?]

借入の申し込みがあった場合、金融機関では融資の可否を判断するための審査を実施します。この審査に引っかかって、融資を断られる場合もあります。まずは収入のない人はまずNGでしょう。収入がない、返すためのお金が入ってこないので普通に考えて返済の見込みが立たないでしょう。そのような危険性の高い人に貸し出しはまず行いません。また収入の安定しない人も融資の対象外です。個人事業主や自営業者のような給料制ではない人は審査が厳しくなります。また水商売の方は結構お店をすぐにやめてしまう傾向があるので、マイナスの評価になりがちです。

皆さんのこれまでのローン・クレジットカードの利用状況は、信用情報で記録されています。もし過去に返済でトラブルを起こした場合には、審査落ちの可能性が高まります。特に長期延滞や債務整理を行った場合、ブラックリストに載るといいますが事故情報が信用情報に登録されます。このような人は、まずまともな貸金業者であれば融資はしないでしょう。このように信用力の乏しい人はお金を貸してもらえないと思った方がいいです。

 

【誰でもお金を貸しますという業者には注意】

しかしパンフレットやチラシを見てみると、「誰でもお金を貸します」とうたっているようなところもあります。審査に落ち続けるとお金を貸してもらえるなら…ということで、このようなところに手を出してしまうかもしれません。しかしこのような誰でもOKとしている貸金業者は、闇金の可能性が高いので絶対に借り入れ申し込みすべきではありません。

「ブラックでもOK」「無職でも融資」「審査なし、だれでも貸します」のようなコピーの書かれているところは闇金の可能性大です。闇金は違法な利息を取り立てていて、利息制限法で定められている上限金利の何十倍以上の暴利に設定しているところも結構あります。「少額ですぐに返せば大丈夫かも」と思っている人もいるでしょうが、骨の髄までしゃぶられる公算が高く、手を出すべきではないです。

お金を貸してくださいと言われたときの上手な断り方

【お金がないから…】

「お金を貸してください」といわれた時の断り方としてポピュラーでオーソドックスなのは、「自分もお金を持っていないんです」というものでしょう。「ない袖は振れない」ではありませんが、お金を持っていない以上お金を貸すことはできません。借金を申し込んだ側も相手がお金を持っていないことがわかれば、それ以上いろいろと言ってこないでしょう。

ただしこの場合注意しなければならないのは、本当にお金のないことを相手にわかってもらうことです。毎日外食をしている、高級そうな車を乗り回しているなど羽振りのいい人が「お金を持っていない」といっても説得力がありません。もしあなたに十分な財力のあることが相手に知られているのであれば、そのほかの方法で対処する必要があります。

 

【親に貸し借りを禁じられている】

「親からお金の貸し借りはロクなことにならないから貸さないようにしている」も結構有効な断り方です。親を持ち出されるとなかなか相手ももう一押しできません。大人になってからも親に歯向かうというのはなかなか難しいでしょう。「親が言っているのだから…」と思って、その人からお金を借りるのを躊躇する人は結構多いです。

しかしここで問題になるのは、親がすでに亡くなっている場合です。また親との折り合いがかねてから悪いことを相手が知っている場合にもなかなか使えない断り方でしょう。しかしもし既婚者であれば、「義理の両親からお金を貸すなときつく言われている」という形で断る方法もあるでしょう。

 

【カミさんに財布を握られているから】

結婚している人の場合、「カミさんに財布を握られていて自分ではお金をどうすることもできない」という断り方もあるでしょう。結婚している男性の場合、家計の管理は妻が行っていて、自分はお小遣いをもらっているというパターンも多いでしょう。その場合にはこの断り方は結構有効です。友人同士なら人情でお金を貸してくれるだろうと期待できますが、赤の他人の奥さんが出てくると借金は難しいだろうなと相手も思うからです。

結婚している女性の場合でも、「旦那さんが財布を握っているから」という理由は通用するでしょう。「旦那さんが給料の中から生活費を入れている、それ以上のお金をもらうことは難しいから貸せない」という感じで断ってみましょう。冒頭に紹介した「お金がないから」という理由に相通じるものがあって、なかなか相手もこれ以上突っ込むのは難しいでしょう。